読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シリコンバレーの会社で働いていた30代の徒然なBlog

30代家族持ちで英語スキルは一人旅行レベルのザ日本のリーマンがシリコンバレーにある外資企業で働く事になった事を綴った日記。

秋葉原 炉端バル さま田

東京飯
 

秋葉原と浅草橋の間に位置する炉端バルさま田。なんとなく友人とハッピーアワーだから入ろうかと動いたお店が正解だったのでご紹介。また行きたいと思ったお店です。

 

立地的には秋葉原駅昭和通り口から徒歩5分と居酒屋としてはちょっと離れており、架橋下脇に位置します。その為、早い時間帯によってはあまり混んでいない印象。肉がオススメで、あ、ハッピーアワーは5種類くらいのお酒(ビール、サワー一部)が200円です。このハッピーアワーの看板が他に見当たらないんですよね。あまり無いのかな?六本木はハッピーアワー300円、って看板あっても、それはサワーで、ビールは500円なんて騙しもあるので、このハッピーアワーは良心的でした。

 

地図

f:id:crossmobile2011:20160610181647p:plain

tabelog.com

食べログは評価3.1

retty.me

Rettyは☆4つ以上。

f:id:crossmobile2011:20160609174932j:plain

うまかったです。他の料理も写真撮りたかったのですが、相方が手をつけちゃったり早く食べたかったりでこれしか撮れなかったのが残念。

 

時間的には6時位で、1杯飲むか(結果3杯頂きました)って感じでふらっと寄れるお店です。店員の接客も良かったです。最近多い若者の適当な接客でもないですし、ケアもされており、帰りには扉を開けてもらえるような接客です。店舗もそこまで大きくないので店員を呼ぶ声はどの席でも聞こえそうです。

 

バルって何?

machi-bar.jp

 

バル(バール:Bar)は、朝や昼間にはコーヒーやお酒、そして夕方には仕事帰りなどに気軽に立ち寄って一杯飲んでいくようにスペイン人の生活の一部となっています。また食べ物も揃っているということで、スペインのバルは、1日の中で実に多様な役割を持っており、バルに来る人々に飲食以外にもコミュニケーションの場としても利用され、スペイン人の生活習慣に根ざしています。日本のバルは、タパス・ピンチョスとビール・ワインを提供するスペイン風の居酒屋を「スペインバル」と呼んでいるお店もあります。

店員は完全に日本人のおっさん達(人当たりのよい)でしたが、実際昼とか夜とかは違うんですかね。ローストビーフ以外にも、ポテトサラダもベーコンとスクランブルエッグが添えられており、値段も手頃。いわゆる、始めての彼女の手料理でハンバーグに大葉が添えてあるか無いかで印象が大きく変わるような感覚でした。

 

一度しか食べに行っていないのであれですが、こういう良いお店を探すのは楽しいですね。早い時間に行き、ゆっくり食す事も出来、店員の余裕もあるという事でこういうのが本来のお店の姿なんじゃないかと思います。

 

自分だけのお店をノートしておきたい

最近はノマドな事も多いので、1人でお店でビール片手にPC開いてというスタイルも気持ち良い季節になってきました。しかし、居酒屋は一人あたりのスペースが狭いのでPCがを開くと殆ど料理がおけません。その為、空いている時間(5時から7時とか)だけに限られた特別な時間だと自分は思っています。迷惑をかけないようにという意味を含め。その際に、自分なりのお店をキープしておく事は大切です。1駅1ノマドカフェ1居酒屋でノートしておきたいです。早い時間だからこそお伝えできる事もあるかもしれません。

 

合わせて読んで欲しい

30over.hatenablog.com