読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シリコンバレーの会社で働いていた30代の徒然なBlog

30代家族持ちで英語スキルは一人旅行レベルのザ日本のリーマンがシリコンバレーにある外資企業で働く事になった事を綴った日記。

米国でのLINEの記事:Line Hopes Messaging Stickers Help It Take Off in U.S.を読む

メッセージアプリは今やスマホのスタンダードアプリとしてその地位を確立しました。そしてその代表的なアプリであるLINEは世界で5億インストールと今も毎日インストールされているご存知化け物アプリです。でもLINEって米国で使われているのでしょうか?私のコワーカーでも女性は割りとインストールしております。特にアジアは多いですね。USに関しては半分といったところでしょうか。私の周りでは。


Line Says Messaging Stickers Are Taking Off in the U.S. | Digital - Advertising Age

今回は先週の記事ではありますが米国でのLINEの扱いってどうなんだろう?という事で気になる記事があったので私見もありつつ見てみたいと思います。そもそもStickersという表現に既に違和感を感じていますがそこは流しつつ。。。

 

USのLINEユーザーは2500万人でもアクティブ数は言わない!

The contenders
More than 25 million registered Line users are in the U.S., but Line won't say how many are active. Line has targeted past ads at the U.S. Hispanic market, perhaps in hopes that free messaging and calls would appeal to people with families across borders. It's already made inroads in Latin America.

最近取り上げられているLINEのアクティブ率問題。USでもアクティブ率は不明です。ただ、2500万という数字、非常に大きいのですが日本のインストールの割合から言うとかなり少なく思えます。因みにUSの人口は3億人程度。ざっくりですが単純に総人口の8%ちょっとというところですね。尚、直訳に近いですが、国境を超えて家族間でつかえるような広告を出しているという推測もあります。私もチャットアプリはLINEをはじめ、Skype、会社のチャットソフト(ビジネス)FBメッセンジャーと、いくつか使いまわしています。その中でもLINEの安定性は抜群です。

 

In the U.S. Line is focusing on building its user base and engagement instead of on monetization. Beyond stickers, the company is launching a pop-up store in Times Square in New York on Dec. 10, selling its signature bear and bunny characters as plush toys and on mugs.

 日本でもありますが、LINEキャラクターのグッズショップが12月10日にNYのタイムズスクエアにオープンするみたいですね。定番のキャラクターを用い。キティの前例を踏まえるならばキャラクターというインカムもコミュニケーションアプリを作る上では一考した方が良いかもしれませんね。簡単では無いことは重々承知していますが。

また、この記事内にはLINEは相手の事をもっと良く考えしっかりと伝えるために、4万以上のStickersからサジェストされる事が可能だ。と書かれています。4万という数字が多いのか分かりませんがLINEのクリエイターズスタンプが各国で展開されるとまた、インクリースする可能性は大きいかもしれないですね。