読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シリコンバレーの会社で働いていた30代の徒然なBlog

30代家族持ちで英語スキルは一人旅行レベルのザ日本のリーマンがシリコンバレーにある外資企業で働く事になった事を綴った日記。

いわゆるタップルやCross me、ペアーズ、omiaiとかの正統派出会い系体験記

 

日本の出生率は1.46と夫婦から一人ちょっとしか生まれないという先進国ではユニークな日本です。その出生率は結婚したら、子供を作ったらとお金がかかるんじゃないかという不安からとも言われています。

www.nikkei.com

そんな中、最近好調なのが、正統派出会い系と呼ばれるアプリです。

おしゃれで人に言っても恥ずかしくないようなブランディングを施されています。

 

タップル

tapple.me

もう言わずと知れたアプリだと思います。以下が実際登録した男性友人のデータです。

30代後半

イケメンではないがワイルド系

体型普通

年収900〜1200万円

東京在住

 

上記はプロフィール登録にある項目です。

 

料金:3400円/月 ※但し、数ヶ月以上の一括払いで割引有り

有料特典:メッセージし放題

 

仕様

有料登録しないといいねをつける事は出来ますが、メッセージのやり取りが出来ません。強いていうと、もらったメッセージを読む事も出来ません。そのため、有料登録をする事でそれらが解除されます。制限はありません。また、有料登録したぜ !とわくわくしながらメッセージを読もうとしても、年齢確認が必要になります。免許証等の必要項目を写真データで送信し、早ければ10分以内に審査結果がフィードバックされます。因みにいいねは基本的に1日20枚、プロフィール追加等で何枚かもらえたりします。

 

友人の実績

いいね押した回数1日10件*30日

連絡取れた人数(両方がいいねを押さないとメッセージのやり取りが出来ない):100程度

LINE交換した人数:30人程度

 

LINE交換まで行くのが時間かかる

でも、意外としっかり挨拶が出来る大人が多い

プロフに勧誘、宗教類はお断りと書いてある事が多いことから、その類の誘いが多い事が容易に予想される。一方、直ぐにLINE交換が可能な女の子は業者(情報を抜き取るような)のが多いとのことでした。

 

会う予定のドタキャン率

では、いざLINEにて会う予定を決めてわくわくしていても、いざ当日を迎えたらドタキャンされたという事もあったとのことでした。件数は2件。1件は前日までLINEでやり取りをしていたが、当日時間なっても来ないのでLINEしたが未読のままとのこと。完全にドタキャンです。ありがとうございました。とのことでした。もう1件は当日に体調不良になる病の人。しかし、この人は代替日を提示してきたので悪い人ではないと考えられるが2回目があるとも考えられるため2回目の約束はせず。

 

一方、実際会ってみて思ったことは基本的にプロフに記載されている事は殆ど本当。実際出会いがないらしい。しかし、写真は皆盛っている。特に年齢が後半になればまるほど、肌の荒れ具合がリアルであり、その本人ではあるが、騙されたと直感で感じる程とのことでした。それは相手もそうかもしれないが。

総評

実際会う事は全然出来る。しかし、それまでのメッセージのやり取りやいわゆる痛さ、というのもあるので、ディズニー好き、看護師・保育士、ネイリスト、友達にすすめられてーというのがプロフにあると飯で終わってしまう可能性があるとのこと。さらに女性側の意見としては、初めて会う時にお酒マストと言われると目的が体じゃないかと警戒するとのことでした。また、基本的に既婚者が多い印象との事でした。そういう事からしっかり見極めるやり取りが必要ではある。さらにそれは自己責任になると思われるとの事でした。

 

Cross me

すれ違いをメインとした出会い系です。こちらは月額3800円とかなり高い印象。これはメッセージのやり取りが可能になるのですが、こちらのアプリはその他にいいねを購入しないといけません。これが1つ100円です。さらに1回のいいねは2いいねなので、200円かかります。高いですね。声かけるのが200円です。決して逆いいねがもらえるかわからないのに。そして、女性はただですので、女性ユーザーが本当に多く感じます。新宿、渋谷をちょこっとあるけば200、300のすれ違いが発生すると思います。しかし、中には風俗嬢の誘いや、18歳でお酒飲みたいなんて誘いもあるので、いわば不法地帯ですね。メッセージを1日5回まで変更かのうなので、シチュエーションに合わせてメッセージを変え、遭遇率を上げる事で効率的に楽しむ事ができます。

 

タップルと比べて悪い意味でライト

タップルは相対的にひとりに対するやり取りに時間がかかります。良し悪しではないですが、会うことを目的とすると相対的に時間がかかります。しかし、このアプリはすれ違いなので、そのすれ違った瞬間にいいねを押せばその場で会う事も可能です。位置情報を用いているのでその独自性がかなり出会いやすさを創出しています。しかし、どういう出会いを求めるかにもよりますが、結構業者が多く且つ、今週やめますとかどうでも良い情報も散見されます。こちらも審査は年齢確認だけですが、月額が高い理由は女性の多さとそのマッチング手法の軽さです。しかし、個人的には月額が高すぎますね。そのあと、いいねを1つ100円で買うとなると本当に高い。これ、月額2,000円程度にするだけでLTVはもっと高かったんじゃないかなと思います。

 

Omiai、ペアーズは?

こちらは表現に迷いますが、先駆者的な立ち位置で純粋な出会いを求めていると考えられます。Omiaiはマッチ率というのがあり、記入したプロフィール情報を中心として相手とどれくらい会うかを数字で表示されます。55%より79%の方が「お!」って思いますよね。当然こちらもいいねの数は有限ですので最後の1つなら79%の方にかけますよね。ペアーズはすごく中途半端。悪くないですけど他のアプリを考えるとあまりオススメしません。悪くないんですけど群の中だと選ぶ理由が見つかりません。

 

こういうアプリに共通する事

基本的に対象となる年齢や地域フィルターで検索する事は出来ません。tinder等は出来たりしますが。これは出来ない方が良いと思います。運命という言葉を使うのは望ましくないですがタイミング要素はかなりあるかと思います。あ、こういうアプリはフェイスブックの結婚ステータスを引用しますので、既婚の場合は利用出来ないケースがあります。そして、フェイスブックの友達には公開されない。という安心感を与える事をメリットとして訴求されます。女性が無料、男性が有料。というのはもうすぐ変わると思います。