読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シリコンバレーの会社で働いていた30代の徒然なBlog

30代家族持ちで英語スキルは一人旅行レベルのザ日本のリーマンがシリコンバレーにある外資企業で働く事になった事を綴った日記。

dマガジン解約で見えたドコモらしからぬ二流な作りの退会フロー

最近関東地方では地震が多く、不安です。

 

さて、表題の件ですがdマガジンを解約しました。結局雑誌を定期購読する事はあまり自分のライフスタイルに合わなかったと実感。数十冊あったとしてもです。また、初月無料であれば、正直2ヶ月に1回解約して再度加入すれば年間半分の価格で済むわけです。

 

で、このドコモがサービス提供しているこのdマガジンですが、昔iモードを仕切っていた時に各コンテンツプロバイダーに退会ページはわかりやすく!とレギュレーションを作っていたドコモ様が、いざプロバイダー側に回るとここまで長い退会ページを作るんだと個人的に苦笑していました。サブスクリプションモデルであるが故、コンテンツを使おうが使うまいが月額は徴収されます。その為、iモードは幽霊会員をどれだけ作れるかが目的になっていたコンテンツプロバイダーもたくさんいました。

 

そんなドコモがこんな退会ページを作るなんて!と当時を知っている人は思うと思います。しかも、dマガジンアプリには退会ページが無い!(もしかしたらあるのかもしれないがぱっと分かるところに無い!)。当時のiモードはTOPページのフッター部分に置け!ってレギュレーションがあった(と思う)。しかもdアカウントという謎アカウントを強制されるのでWIFIを切らないといけない(IDを覚えていれば可能ですが長い)。

 

こういう事するとは地に落ちたなドコモよ!と思わざる得ないわけです。

f:id:crossmobile2011:20160720185839p:plain

 

さよなら!