読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シリコンバレーの会社で働いていた30代の徒然なBlog

30代家族持ちで英語スキルは一人旅行レベルのザ日本のリーマンがシリコンバレーにある外資企業で働く事になった事を綴った日記。

資産運用を考えている人なら見るべき、映画”マネーショート 華麗なる大逆転”レビュー

映画
 

ようやくレンタルがリリースされ、iTunes Storeにてレンタル。400円です。Apple TVがあるので、Appleのアカウントにて決済し家のTVにて視聴しました。

 

www.moneyshort.jp

 

Apple TVはおすすめです。1万円ちょっとで家のTVに繋げられるのでYouTubeや様々なサブスクリプションなスポーツチャンネルも用意されています。本体費用のみなので、ランニングコストを気にすることもありません。HDMIで繋ぎ、Wifiを設定すれば終わりです。

 

さて、視聴。

f:id:crossmobile2011:20160711001650j:plain

斜めになってしまいましたが、これがApple TVでのItunes Storeでの購入画面。

 

そもそも何の話し?

japanandworld.net

 

2008年に起こったリーマン・ショックをテーマとした話です。結論から言うと、様々な資産、現金や不動産等全部ひっくるめて500兆円近くが吹っ飛んだのです。その要因が銀行やローン会社等の不正?なローン申し込み等でランク付け会社が銀行の言いなりで自分たちに有利なシステムを。。。(以下ネタバレになるので映画を御覧ください。

いわゆる、本当に起こった経済ショックの裏側でかなり儲けた4人の人たちのお話です。ただ、その儲けたという事が凄いという事もありますが、その心理的な部分を合わせたキャラクターの葛藤もかなり見どころです。

 

君らはピエロだ

f:id:crossmobile2011:20160710232436j:plain

ブラッド・ピット演じるベン・リカートは出演時間こそ他の3人に比べ短いですが、存在感は圧倒的です。ポケットに手を突っ込んで立っているだけでも様になります。元々金融業界出身で、今は隠居し投資を行う設定です。

 

間違っている時は間違っていると分からない

f:id:crossmobile2011:20160710232314j:plain

これは、クリスチャン・ベール演じるマイケル・バリーというかなり癖のある元精神外科医を演じています。事の発端はこの彼の資料や間違い電話から始まります。

 

4人組かと思ったらそれぞれ別々のストーリー

13モンキーズのような集団なのかと思ったらそれぞれ4人の異なるストーリーでした。例えば、自分の気づきが世間の常識と真逆の気づきだったら自分ならどうするか、根拠をしっかり示せるか、根拠を作るために現場に足を運び情報を聞き出したりとどのように情報を仕入れていくかも見どころのひとつです。後は交渉(お金を集める)術も見どころはあります。ビジネスにどう活かすかを考えさせられる映画です。最終的にスティーブ・カレル演じるヘッジファンドマネジャーのマーク・バウムの感情豊かな演技がこの映画の中でピカ一でした。

 

DVDも欲しいと思ってしまいました。