読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シリコンバレーの会社で働いていた30代の徒然なBlog

30代家族持ちで英語スキルは一人旅行レベルのザ日本のリーマンがシリコンバレーにある外資企業で働く事になった事を綴った日記。

マイナンバーだと副業出来ないとか不都合あるようだけど、将来的には楽なシステムになるんではないかという話

ライフスタイル

夏日。

 

と感じざる得ない今日このごろです。

 

さて、マイナンバー。会社に届けている人が殆どだと思います。マイナンバーは個人の収入を1つに紐付けるので、”副業がバレる”とか言われています。

biz.moneyforward.com

 

マイナンバー制度の導入における大きな目的の一つが「個人の正確な所得把握」だからです。

 との事です。これはこれで良いことだと感じています。これは現在は移行期、言い換えると日本全体が初体験のシステムの為様々な見地からリスクやメリットが話し合われています。

 

今回の記事で言いたいのはマイナンバーが良いよね。という事では無く、これを利用すれば副業がしやすくなるんじゃないかという話です。

 

現在はインカムについて色々と話し合われているフェーズ

今の日本は正社員、契約社員に関しては殆どの人がひとつの会社に属し、毎月給料というものを得ていると思います。しかし、これだけでは年収が、、、とかお金がない。と嘆く方が多々いるかと思われます。更に、社畜という言葉があるように会社に依存しなくてはいけないため、不利な条件下もしくは本音が言えないストレスのある中で働いている方も少なくないと思います。しかし、今の日本は人口減があり一人あたりの消費を高めていかなくてはいけないというのも一つの解決策としてあります。その為には収入やグローバルに活躍していくこと。が大事だと考えています。

 

将来は複数のインカムで生活するようになると思う

例えば、ほとんどの企業は副業禁止です。しかしその常識に一石投じる企業もいます。

cybozushiki.cybozu.co.jp

副業も解禁しました。副業は本業に身が入らないとか、会社の資産を毀損するということから原則として禁止にしていました。しかし「オークションでいらないものを売って儲かりましたという状況は、副業なん?どうなん?」と。

考えてみると、個人で簡単にビジネスしやすい状況なのに、気にしているほうがナンセンスではと思うのです。実際には副業は自立の一歩につながります。もうけ方も覚えられます。

ここではオークションが取り上げられていますが、メルカリやミンネ等の自分でお小遣いを稼ぐ。という事が出来る世の中になりました。Blogの収入もそのひとつです。参考までですが、ちょっと見方を変えると、社外取締役なんてのも副業じゃないか。と思ってしまいます。 

 

個人は、①ひとつに専念する人と②複数に渡って活躍する人がいると仮定する。

例えばコンサルティング会社に所属していたり、弁護士とか社労士的な人たちは個人のクライアントが増えると独立という形を取ります。そしてクライアントを増やしたり、社外取締役等になりインカムを増やし会社を大きくしていきます。しかし、一方技術者的な人々は大手に依存している方も多く、昨今の三菱自動車のような事象があると開発ラインが止まり、身動きが取れなくなります。保険があるかもしれませんが、とは言えというやつです。

私はネット業界で飯を喰ってきているのでネットに関しては非常に詳しいです。この知識や経験を使っていますが、これをもっと複数のインカムに展開したいと思います。株式投資やブログ収益、メルカリ等のフリマ収益、不動産投資。様々なインカムがあるべきだと思います。最初は面倒と思うかもしれませんが、お金がお金を生む仕組みを作らないかぎり働き続けなくてはいけません。今は給料という形で貰う側の人が多いと思いますがそうでは無く、逆に将来は投資する側に周り、経済を動かすぞ。というくらいのモチベーションが備わっていて欲しいです(主観ですが)。

なので、自分が持っている知識やノウハウを*2や*3と倍以上にお金を生む仕組みとして副業を行いインカムを増やす事が望ましいです。言い換えると依存しなくても良い体質を身につけることが必要だと思います。

長くなりましたが、①の人は経営側に、②の人は1つのスキルを数倍の収益に変える。という事をスべきです。また、同時に税の知識も身につけると収支が今より細かく見えてくると思います。

 

後は動くか動かないか

会社に所属しているのと、フリーで働く場合はどっちが良いのか?なんて考えたことある人は多いのではないでしょうか。はっきり言って需要があるかどうかですし、日本の場合従業員である方が雇用が守られているのでリスクは少ないです。一方、フリーランスであれば契約形態や内容にもよりますが、3ヶ月毎やプロジェクト単位で契約更新タイミングが発生します。良ければ継続、業績が悪ければ最初に切られる外注費扱いです。その為、ある程度業界でコネクションが無ければフリーランスは難しいでしょう。

ですが、メルカリで利ざやを得たり、株式投資(副業では無いですが)で利ざやを得たりとかインカムを増やす手法は多々あります。先見を踏まえ自分の在り方、実力の真価を考えてみるのが良いのではないでしょうか。

 

因みに、リクルートさんの考え方

www.recruit.jp

 

まとめ

色々働くという事の考え方が変わってきますね。次の世代はどのようになるのか色々不安な事も多い世の中ですが、期待して我々が良くしていく事を心がけたいと思います。