読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シリコンバレーの会社で働いていた30代の徒然なBlog

30代家族持ちで英語スキルは一人旅行レベルのザ日本のリーマンがシリコンバレーにある外資企業で働く事になった事を綴った日記。

ビジネスメールの署名に役職を書くことについて違和感ありません?

日本の家電メーカーも2極化が進んでいるのかと思うような対照的な日立とシャープの決算の出来。そもそも家電メーカーとは言え原発運用をやっている日立は家電では無い部分での成長が優位性なのかもしれません。

 

さて、私は日本のカントリーマネージャーをさせて頂いておりますが署名には肩書は記載していません。これ、記載したほうが良いのかどうかはいまいちはっきりしませんが、海外の署名は裁量のある人が肩書を書いているケースが多いかと思います。

 

 

日本では、マネージャーであっても裁量が無かったりするので正直肩書と裁量がバラバラでわかりづらいの一言に尽きます。ボードメンバーやトップオブディビジョンであれば話もはやいだろうと思えるので、署名にあると助かりますがそういう人は大抵書かないですよね。面倒だと思う事が多いでしょうから。

 

大抵は”俺、役職上ですよー”みたいな人が書いているような印象を受けます。裁量が無いのに。なので、裁量と肩書は一緒にして欲しいんですよね。書くのであれば。

 

リーダーとか、サブリーダーとか必要無いと思います。そういう呼称は社内だけにしておいた方が良いです。