読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シリコンバレーの会社で働いていた30代の徒然なBlog

30代家族持ちで英語スキルは一人旅行レベルのザ日本のリーマンがシリコンバレーにある外資企業で働く事になった事を綴った日記。

英語でビジネスメール①英語が分からなくても分かる英語メール

最近は日本の企業でも英語を話せるバイリンガルな方が増えてきており非常に英語のプレッシャーを感じる今日このごろです。イメージ上外資という事であり英語を喋れる方がフロントに来る事が多々あります。さて、そんな英語ですが、逆に全く分からないという方もいらっしゃいます。そこで先ずは英語でお問い合わせが送れるくらいのスキルを簡単に身につけてはどうかと思います。

 

メールの件名

件名は日本語でも難しいです。いわゆるメール本文の主題であり、その件名でプライオリティや内容をある程度把握できるようにしなくてはいけません。

 

件名:お見積りについて

Tittle:About Estimate

 

これだけでも通じます。あまりかしこまって考える必要はありません。何についてのメールなのかをシンプルに記載しましょう。

 

文章の最初

日本語とは異なり、英語のメールでは挨拶から入ります。

 

日本語ですと、

初めまして、A社の山田と申します。

 

と始まりますが、英語ですと、

I hope that you have good weekend!

等と、私はあなたの幸せ(良いこと)を望む。みたいなのが挨拶となります。決してこの言い方がベストという事ではありませんが、週の初めに送るのであれば週末良かったでしょ?!みたいなライトな感じでも問題ありません。そして、その後に続ける文言として、”〜について”という書き方は

 

Regarding to 〜

I am writing with regard to ~

とかRegardという言葉を使います。先に言うと文末に”Best regards”とか付けますがこれは”よろしく”のフォーマルな言い方です。その他、Kind regardとかSincerely、Bestのような言い方が使えます。

 

例えばお見積りについてお問い合わせフォームより依頼する場合、例えば株式会社Aに勤めるマーケティング部の部長の山田太郎さんが送ると想定し

 

Tittle: About estimate of your product

Content(本文)

I hope that you have good weekend! I'm Taro Yamada from Marketing division of A company. I have so interested in your product. In additon, We need your product for solution of our bottle neck. Sorry, But I can't talk you about that detail. Given this situation, I want to hearring to your production detail.I know you are busy, And Please take a moment to confirm and reply to me.

 

Best Regards,

Taro Yamada

 

みたいなメールになると思います。因みに私は英語は得意では無いので間違っているかもしれませんが、通じますw

 

そんなこんなで、最初に何か幸せを望み、最後に敬具的な内容を記載するという事でざっくりであれば、本文は中学英語でも通じます。その際は、Google Translaterでも使いながらでもある程度は問題ないかと思います。当然、訳した際に”ん?”みたいな事もありますがそこは慣れと知識を貯める事で段々使いこなせるようになります。

 

英語が使えると海外の情報も入手出来るようになり、ネット大国アメリカの最新情報を扱えるようになり、アジアにおいても英語が母国語に近い国も多いので会話できる人が格段に増えます。そういうメリットがあるので是非、拒否反応を起こさず学んで頂ければと思います。私も勉強しないと><

 

have a great day ahead!