読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シリコンバレーの会社で働いていた30代の徒然なBlog

30代家族持ちで英語スキルは一人旅行レベルのザ日本のリーマンがシリコンバレーにある外資企業で働く事になった事を綴った日記。

外国採用で日本に法人が無いの方の確定申告のやり方

外資企業の中

この時期TVCMでも確定申告のCMが流れ、私も個人事業主の有人等から色々と確定申告について質問させて頂いています。ただ、私の場合特殊で知人に聞いてもいまいちやり方が合わないのです。今後、外資に働く方々もいるかと思うのでこちらに参考にしてください。そんなに難しい内容じゃないですが、私の場合はどうなるんだ?って事で初めて確定申告をする人向けです。

 

日本に法人が無い

基本的に外国からサラリーや経費を口座に受けるのみのインカム

税金関連は個別で処理している(住民税、所得税、保険等)

 

青色じゃなくて白色になる。

一般的に、日本での個人事業主は青色申告が一般的です。65万くらい控除されるというメリットもあります。結論から言うと私は白色になります。

青色は、不動産及び事業登録をしてある方のみとなっており、且つ独立してから2ヶ月以内に事業申請をして青色書類に記載しなくてはいけません。私の場合は日本には法人が無く、個人で動いているので青色ではありません。その為、同じケースの方がいる場合は白色になります。

 

白色って青色と違うの?

 

違いますが、青色より処理は簡単と窺っています。

 


はじめての白色申告(2):在宅ワーカーと確定申告(3)

 

そう、在宅ワーカーなんですよね。この響きをよしとするか否か。ただ、領収書や必要経費は諸々保管するという点では青色となんら変わりません。

 

因みに、私が納税する区の税務署に電話で色々聞いたのですが、税理士はおじいちゃんみたいで話が殆ど進まなかったです。どこかのスタートアップがここらへん解決出来ないですかねw